第33回しまなみカンファレンスに参加しました。

2016.06.28

第33回しまなみカンファレンス
会場: 今治国際ホテル
日程: 平成28年6月25日 (土) 16:00

6月25日に今治国際ホテルで第33回しまなみカンファレンスが開催され、当院からは画像センター長東野博医師と、診療放射線技師1人、看護師3人が参加しました。
広島大学病院放射線診断科の立神史稔先生による特別講演では、冠動脈CTの最新技術に関する講演が行われ、東野博医師が座長をつとめました。
モーションアーチファクトや金属アーチファクトに対する補正の研究のお話で、現時点での対策を聞くことができました。石灰化によるアーチファクトに対する対策は、長い息止め時間が必要であり現時点ではルーチンワークにはまだ採用できないと感じましたが、心房細動によるアーチファクトには将来対応できると感じました。

 

座長の東野博医師

写真1_1

 

講師と一般演題発表者、世話人ほか

写真2_1

 

講師を囲んでの情報交換会

写真3_1


ページトップへページトップへ

pagetop

メニューを閉じる

閉じる