循環器内科

診療内容 症状について 担当医師 検査について 治療について

診療内容

循環器内科では、心臓の病気や大動脈および末梢血管の病気を専門で扱います。主に狭心症、心筋梗塞、不整脈、心臓弁膜症、心筋症、心不全などの心臓に関わる疾患や、大動脈、肺動脈、末梢動脈などの血管に関わる疾患が治療の対象となります。また高血圧・糖尿病・高脂血症・メタボリック症候群など生活習慣病の診断治療を行い、病気の早期発見や予防にも力を入れております。

症状について

循環器内科では次の症状を持たれた方を診療しております。

  • 胸が痛む、締めつけられる、重苦しい
  • 背中が痛む
  • 突然脈が速くなる・遅くなる
  • 手足がむくむ、しびれる、だるい
  • お腹付近で拍動を感じる

詳しい症状は「心臓の病気について」をご覧ください。

これらの症状を感じる方は心臓病・血管病の初期症状の可能性も考えられますので、気になる方は一度受診をおすすめします。

担当医師

  • 院長 阿部 充伯(あべ みつのり)院長 阿部 充伯(あべ みつのり)
  • 副院長 藤枝 裕之(ふじえだ ひろゆき)副院長 藤枝 裕之(ふじえだ ひろゆき)
  • 部長 橋本 克史(はしもと かつふみ)部長 橋本 克史(はしもと かつふみ)
  • 医長 寺谷 禎史(てらたに よしふみ)医長 寺谷 禎史(てらたに よしふみ)

治療について

循環器内科では、内服薬による治療、生活習慣の指導、手術治療を主体として治療を行っております。手術治療では心臓カテーテル検査および冠動脈形成術(PCI)をはじめ、末梢血管形成術、カテーテルアブレーション治療術、ペースメーカー治療術などを行っております。カテーテル室は2室用意し、カテーテル治療中に緊急を要する患者さんが来られても、即座に対応できるよう準備をしております。

経皮的冠動脈形成術(PCI) 経皮的末梢血管形成術(PPI) 経皮的腎動脈形成術(PTRA) 鎖骨下動脈形成術 カテーテルアブレーション ペースメーカー治療


ページトップへページトップへ

pagetop

メニューを閉じる

閉じる