経皮的冠動脈形成術(PCI)

対象とする疾患PCI治療とは具体的な治療方法再狭窄について
検査時間について造影剤について合併症について
IVUS(血管内超音波検査法)

対象とする疾患

狭心症や不安定狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患を対象として行われます。通常は内服薬による治療を行いますが、それだけでは十分な症状の改善が得られない場合にPCI治療を行います。

PCI治療とは

動脈硬化などが原因で血液の中の脂肪やコレステロールが固まってできるプラークが血管の内側にこびりついて血管が細くなり、血液の流れを悪くします。心臓へ流れる血液が不足すると狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患と呼ばれる疾患にかかり、胸が痛いなどの症状がでたり、重症になると命に関わる危険性も出てきます。

動脈硬化・生活習慣病についてはこちら

PCI治療では、心臓に血液を供給している冠動脈が細くなっているところに、カテーテルと呼ばれる細長い管を挿入して血管を押し拡げ、血流を取り戻します。

治療前と治療後の比較画像

治療前と治療後の比較画像

当院では2台のカテーテル検査装置を導入しております。緊急で治療が必要な患者さんが来られても、すぐに治療が行えるような体制を整えております。

具体的な治療方法

1. 手首から冠動脈の入り口まで

手首から冠動脈の入り口まで

主に手首から、カテーテルと呼ばれる細長い管を、血管の中をつたって、心臓に血液を供給している冠動脈の入り口まで通します。

2. 血管の細いところを確認

血管の細いところを確認

冠動脈の中に造影剤を流し込み、X線撮影をして、血管が細くなっているところを確認します。

3. 血管内でステントをふくらませる

血管内でステントをふくらませる

血管が細くなっているところが特定できたら、カテーテルの先につけた風船をふくらませ、血管を押し拡げます。このとき、拡げた血管を固定するために、ステントと呼ばれる筒状の金網も一緒にふくらませます。

4. カテーテルを抜く

カテーテルを抜く

拡げた血管が元にもどらないよう、ステントを置いたまま、カテーテルを体内から抜きます。

再狭窄について

PCI治療によって血管が拡がると、血液が正常に流れ、心臓にも血管が行き渡ります。しかし治療後10%程度の割合で同じ場所が再び細くなることがあります。この状態を再狭窄と呼びます。再狭窄となった場合は、再度血管を拡げるためにPCI治療を行います。
最近では、この再狭窄の割合を減らすため、ステントに再狭窄を予防する薬液を染み込ませた薬物溶出性ステントと呼ばれる新しいステントが主流となっており、再狭窄によるPCI治療を減らすことで患者さんの負担を軽減します。

1回目PCI

PCI前・後のカテーテル画像

PCI前の
カテーテル画像

PCI後の
カテーテル画像

2年後

カテーテル画像

カテーテル画像

胸部圧迫感・胸痛の出現
検査の結果、ステント内再狭窄と診断

2回目PCI

PCI前・後のカテーテル画像

PCI前の
カテーテル画像

PCI後の
カテーテル画像

検査時間について

患者さんの病態によって変わりますが、約1~2時間で終了します。

造影剤について

血管内の様子を観察するために造影剤を流し入れるときに、少し気分が悪くなったり、体のかゆみや胸の圧迫感を感じることもありますが、軽い症状の場合がほとんどです。
検査中は看護師が患者さんの状態を観察しており、何か起こった場合でも速やかな対応がとれるようにしております。

合併症について

稀に合併症を起こすこともあります。主な合併症は急性心筋梗塞、急性心不全、重症不整脈、血管損傷などがあります。その他、造影剤やその他の薬によるアレルギーなどによるショック、出血、感染症などの可能性があります。

当院ではPCI治療を受けていただく際に、これらの合併症についてや合併症が起こった際の処置について十分に説明させていただいております。

超音波機能が先端についた細いカテーテルを血管内に挿入して、血管内部の断層面をリアルタイムで見ることができます。主にPCI治療のときに使用され、血管の細さや場所が画像として分かりますので、どういったサイズのステントを使用したらよいかなどの決定に役立ちます。


ページトップへページトップへ

pagetop

メニューを閉じる

閉じる