心臓血管外科

診療内容 症状について 担当医師 検査について 治療について

診療内容

心臓血管外科では、心臓の病気や大動脈および末梢血管の病気に対して手術治療を行います。主に狭心症、心筋梗塞、不整脈、心臓弁膜症、心膜疾患などの心臓に関わる疾患や大動脈解離、大動脈瘤などの大動脈疾患、下肢静脈瘤や閉塞性動脈硬化症などの末梢血管疾患などが治療の対象となります。

症状について

心臓血管外科では次の症状を持たれた方を診療しております。

  • 胸が痛む、締めつけられる、重苦しい
  • 背中が痛む
  • 突然脈が速くなる・遅くなる
  • 手足がむくむ、しびれる、だるい
  • 足の血管が浮いてコブのようになっている
  • お腹付近で拍動を感じる

詳しい症状は「心臓の病気について」をご覧ください。

これらの症状を感じる方は心臓病・血管病の初期症状の可能性も考えられますので、気になる方は一度受診をおすすめします。

担当医師

  • 医長 横山  雄一郎(よこやま   ゆういちろう)医長 横山  雄一郎(よこやま   ゆういちろう)

治療について

心臓血管外科は、心臓弁膜症手術(人工弁置換術、弁形成術)、大動脈手術、冠動脈バイパス手術、下肢静脈瘤手術などを主体として治療を行っております。当院では循環器内科と綿密な連携をとり、内科的な治療が困難な場合は心臓血管外科で治療を行うことで患者さんにより安全な医療を提供しています。

心臓弁膜症手術 胸腹部大動脈手術 冠動脈バイパス術 下肢静脈瘤手術 閉塞性動脈硬化症の手術


ページトップへページトップへ

pagetop

メニューを閉じる

閉じる