第57回日本核医学会学術集会に参加し発表してきました

2017.10.17

第57回日本核医学会学術集会
会場:パシフィコ横浜
日程:平成29年10月5日(木)~7日(土)

第57回日本核医学会学術集会 (第37回日本核医学技術学会総会学術大会併催)がパシフィコ横浜で開催され、放射線科の東野博医師 (日本核医学会核医学専門医)と看護師 (日本核医学会核医学診療看護師)、診療放射線技師が参加しました。

当施設からは下記の2つの一般演題が採択され、心筋シンチグラフィーや肺血流シンチグラフィーに関する発表を行い、新しい技術や研究成果を指導し議論しました。

1. アデノシン負荷心筋血流イメージングにおける心拍数増加反応の鈍い症例の臨床的特徴 / 看護師
2. Step & Shoot法を用いた深吸気息止め肺血流SPECT / 診療放射線技師

また今回は第12回アジア・オセアニア核医学学術会議と第7回アジア核医学技術学会国際会議も併催であり、アジア各国から集まった核医学の専門家による核医学の討論に参加しました。さらに核医学看護フォーラムには当院の看護師が核医学診療看護師として討論に参加しました。
このような機会を通して得た新しい知見を今後の患者さんの診療に活かしてまいります。

2 3


ページトップへページトップへ

pagetop

メニューを閉じる

閉じる